米Microsoftは28日(現地時間)、Windows 10 Insider PreviewのFast ring向け次Buildへ、「Timeline」機能を追加すると発表した。

Timelineは、5月にBuild 2017にてデモされていた機能で、過去に閲覧していたファイルやWebサイト、実行していたアプリへの切り替えをタスクビューから実行できるようにするもの。当初はFall Creators Updateで搭載予定だったが、実装の延期が発表されていた。

実装予定のもう1つの新機能は「Sets」で、複数のウィンドウをタブでまとめることができるというもの。デモ映像を見ると、OfficeアプリやEdgeブラウザのタブを1つのウィンドウにまとめて表示されているのがわかる。

同社では、今後新機能の配信を一部のユーザーに制限することで、機能が配信されたユーザーと未配信のユーザーで利用状況や満足度を比較する方針を明らかにしており、Setsはその最初の事例になるしている。

なおSetsは仮名で、Windows 10に正式に実装される場合には名称が変わる可能性がある。

 

 

【関連記事】

Windows 10 無償アップグレード、支援技術製品は12月31日で終了

「Minecraft for Windows 10」が“Windows Mixed Reality”に対応