米Microsoft傘下のMojang ABは21日(現地時間)、「Minecraft for Windows 10」(Windows 10対応のストアアプリ版)が“Windows Mixed Reality”に対応したことを明らかにした。「Minecraft」ではVRヘッドセット“Oculus Rift”がすでにサポートされているが、“Windows Mixed Reality”対応のヘッドセットでも3次元の「Minecraft」が楽しめるようになる。

“Windows Mixed Reality”がすでにセットアップされている環境であれば、追加の設定は必要ない。「Mixed Reality ポータル」内から「Minecraft for Windows 10」を実行するだけで、仮想現実空間に「Minecraft」の世界が広がる。

「Minecraft for Windows 10」はWindows 10に対応しており、現在“Microsoft ストア”から3,150円(税込み)で購入可能。“Windows Mixed Reality”での動作は、64bit版「Windows 10 Fall Creators Update」と「Minecraft for Windows 10」v1.2.5の組み合わせで確認している。

 

【関連記事】

ExcelからSFAに切り替え営業効率化--プロバスケチームの人気拡大で

Windows 10 ウィンドウを閉じる10の方法