マイクロソフトオフィス(Microsoft Office)とは言わずと知れた、Excel、Word、PowerPoint、Outlookといった仕事でよく使うソフトをセットにしたものだ。このオフィス、最近は種類が多いうえに、ライセンスの内容がバラバラで大変ややこしい。

主に定額制サービスの「Office 365 Solo」、店頭で売っている「Office 2016」、パソコンに付属している「Office Premium」があるが、それぞれどう違うのか、ここでまとめて整理しよう。違いが分かれば、自分にとってどれを選ぶのが一番得なのか分かるはずだ。

●Office 365とは?

「Office 365」とは、主に企業ユーザー向けのサブスクリプション型サービスのことだ。そのサービスの中に、マイクロソフトオフィスのソフト(Excelなど)の提供も含まれている。ソフトのほかに1TBのオンラインストレージの提供や、プランによって大容量のメールボックスやHDビデオ会議の提供、タブレットやスマートフォン向けオフィスソフトの利用などが含まれる。

サブスクリプション型サービスとは、一定額で一定期間利用できるという定額制サービスのことだ。たとえばOffice 365の中の「Office 365 Business Premium」というプランの1年契約タイプなら、1ユーザーあたり月額1360円でこうしたソフトやサービスを1年間利用できる。

Office 365では、契約中は常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できるのが大きなメリットだ。現在は「Excel 2016」「Word 2016」といった末尾に2016が付く「Office 2016」が最新バージョンだが、契約期間中にその次のバージョンのオフィスソフトが登場したら、それを利用できる。

基本的に企業がマイクロソフトと契約して社員が利用するもので、個人で購入するタイプの製品ではない。会社で、このOffice 365の契約でExcelやWordを使っている人は多いだろう。

●Office 365の特徴

・企業ユーザー向け

・サブスクリプション型

・常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できる

・オフィスソフト以外に1TBのオンラインストレージなどのサービスが含まれる

 

個人向けならOffice 365 Solo

Office 365の個人向けバージョンと言えるのが、「Office 365 Solo」だ。

サブスクリプション型のサービスで、Excel、Word、Outlook、PowerPointといった7種類のオフィスソフトの利用と、1TBのオンラインストレージ、毎月60分無料のSkype通話、タブレットやスマホ向けオフィスソフトの利用などをまとめた「Offce 365サービス」が含まれている。オフィスソフトはOffice 365と同様に、常に最新バージョンを利用できる。PCまたはMac計2台で利用できる。

マイクロソフトのWebサイトで契約する1年版と1カ月版があるほか、1年間有効なプロダクトキーを店頭で購入して使うこともできる。

Office 365 Soloの大きなメリットは、常に最新のオフィスソフトを利用できることと、Offce 365サービスを利用できることだ。

1年間で1万2744円(税込み)は高いと思うかもしれないが、たとえば同じ7種類のオフィスソフトを買い切りで購入する永続ライセンス版の「Office Professional 2016」は実売価格6万5000円前後で、Office 365 Soloの約5年分に相当する。5種類のソフトを買い切りで購入する「Office Home & Business 2016」は実売価格3万7000円前後で、Office 365 Soloの約3年分に相当する。どちらもOffice 365サービスは付属しない。

これまでマイクロソフトオフィスは、およそ2年半ごとに新バージョンが登場してきた。永続ライセンス版を5年ごとに買い替えるのと同程度の金額で常に最新版を利用でき、さらにOffice 365サービスも利用できると考えれば、むしろ安いと言えるだろう。

●Office 365 Soloの特徴

・個人ユーザー向け

・サブスクリプション型(年額または月額制)で定期的な支払いが必要

・常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できる

・Office 365サービスが含まれる

・Windows/Mac問わず2台のパソコンで利用できる

 

Office 2016は買い切り型
「Office 2016」は、以前からあるタイプのマイクロソフトオフィス製品だ。7種類のオフィスソフトをまとめた「Office Professional 2016」、5種類のオフィスソフトをまとめた「Office Home & Business 2016」、3種類のオフィスソフトをまとめた「Office Personal 2016」などがある。2台のパソコンにインストールして利用できる。

買い切り型で利用期限がなく、永続的に利用できるのが特徴だ。Office 365とは違い、Office 365サービスは付属しない。毎年(または毎月)料金を支払う定額制サービスがイヤだという人向きのオフィスといえる。

注意したいのは、マイクロソフトオフィス製品がバージョンアップしたときだ。以前なら割安な価格で最新バージョンに更新できるアップグレード版があったが、Office 2013以降廃止されていて現在は無い。マイクロソフトオフィス製品の新バージョンが登場し、そちらに乗り換えたい場合は、その新バージョンを買い直す必要がある。Office 365 Soloのところで解説したように、3年ごとや5年ごとに買い替えるならコストパフォーマンスは決してよくない。

また、ソフトにはサポート期間がある。サポート期間を過ぎると不具合の解消などが提供されなくなり、セキュリティーの面でも危険性が高まる。

マイクロソフトオフィス製品はメインストリームサポートが発売から約5年間設定されていて、延長サポートが設定されているもの(Office Professional 2016や同Home & Business 2016など)ではそれを含めて発売から約10年間のサポート期間が設定されている。つまり永続ライセンスであっても、実際には発売から5年後または10年後のサポート期限が、そのオフィス製品の寿命といえる。
いいとこどりの「Office Premium」

大手メーカーのパソコンの多くには「Office Premium」と呼ばれるマイクロソフトオフィス製品がプリインストールされている。

Office 2016と間違えやすいが、「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」や「Microsoft Office Personal Premium」といったように、製品名に「Premium」が含まれているのがこれに当たる。パソコンのプリインストール向けの製品で、単体では販売されていない。

Office 2016と同様に買い切り型の永続ライセンス型だが、Office 365 Soloのように常に最新バージョンのものを利用でき、1年間分のOffice 365サービスが付属するのが特徴だ。つまり、購入後にマイクロソフトオフィスの新バージョンが出たら無料で更新できる。Office 2016とOffice 365 Soloのいいとこどりをした、お得な製品と言える。

注意点は、ライセンスが購入者ではなく、購入したパソコンにひもづけられていて、プリインストールされているパソコンでしか利用できないことだ。そのパソコンの寿命がOffice Premiumの寿命と言える。複数のパソコンでの利用もできない。

付属するOffice 365サービスは1年分のみだが、延長したい場合はOffice 365サービスを更新するためのパッケージが販売されているので、これを購入すればよい。

●Office Premiumの特徴

・パソコンのプリインストール向け

・買い切り型で永続ライセンス

・常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できる

・1年分のOffice 365サービスが含まれる

・そのパソコンでしか使えない

どんな選び方が得なのか?
まずOffice 365は企業ユーザー向けで、基本的に個人で購入して利用するものではない。個人で利用する場合は、Office 365 Soloを購入する、Office 2016を購入する、Office Premiumがプリインストールされているパソコンを購入する、の3択になる。

●●これからパソコンを購入する場合

マイクロソフトオフィスが必要で、パソコンをこれから購入するなら、Office Premiumが付属する機種を選ぶのがおすすめだ。買い切り型なので毎年料金を支払う必要はなく、最新バージョンが出れば無料で更新できるし、Office 365サービスを1年間無料で利用できる。ただし、そのパソコンでしか使えないことに注意しよう。

機種によってはOffice Premiumの有無を選べるものがあるが、その差額はOffice Home & Business Premiumの場合で2万円台半ばだ。あとから3万円以上するOffice Home & Business 2016を買い足すよりも、最初からプリインストールされているパソコンを買うほうが安上がりといえる。

●●すでにパソコンを持っていて、マイクロソフトオフィスが必要になった場合

マイクロソフトオフィスがプリインストールされていないパソコンを使っていたが必要になった、そんな場合はOffice 365 SoloかOffice 2016を購入することになる。常に最新バージョンを使いたいなら、おすすめはOffice 365 Soloだ。1TBのオンラインストレージを含むOffice 365サービスも使える。

定期的な支払いが必要なサブスクリプション型になじめない、最新バージョンが出ても更新せずにサポート期限終了まで使い切れればいいという場合は、Office 2016でもいいだろう。