8月8日(米国時間、以下同)にリリースされる予定の「Firefox 55」では、Windows向けのスタブインストーラーでセットアップされる「Firefox」がデフォルトで64bit版となることが明らかになった。

“Google グループ”に投稿された記事によると、64bit版「Firefox」がインストールされるのは、64bit版のWindowsを利用しており、かつ2GB以上のメインメモリを搭載している環境。メインメモリが少ない環境に64bit版「Firefox」がインストールされないのは、十分なパフォーマンスが期待できないためであるようだが(2GBのメインメモリは64bit版Windows 10のハードウェア要件でもある)、今後の実験の結果次第ではこの制限が削除される可能性もあるとのこと。

64bit版「Firefox」は32bit版よりも少しフットプリントが大きくなるが、安定性向上などの恩恵を受けることができる。2GB以上のメインメモリを搭載していれば、コンテンツプロセスとブラウザープロセスで約20%、プラグインプロセスで80%のクラッシュ率低下がみられるという。

なお、9月26日にリリースされる予定の「Firefox 56」では、新規インストールだけでなく、すでにインストールされている32bit版「Firefox」の64bit版移行も開始される予定。現在のところ、64bit版Windowsで「Firefox」を利用しているユーザーのうち70%が32bit版を利用しているが、要件を満たしているならば順次64bit版への移行が実施されるだろう。詳しいスケジュールについては“MozillaWiki”を参照のこと。

 

 

 

 

【関連記事】

Windows 10プレビュー版タスクマネージャーのGPU表示が“マルチエンジンビュー”に変更

「Windows 10」の「Timeline」は今秋アップデートに間に合わず