米Microsoftは13日(現地時間)、PC向けWindows 10 Insider Preview「Build 16241」をFast ringで配信開始した。

前回のビルドでタスクマネージャーのGPU項目に改良が加えられたが(タスクマネージャーに新設されたGPUのパフォーマンストラッカーを改良参照)、今回もブラッシュアップが続いている。

Build 16241では「パフォーマンス」タブのGPU項目で、使用しているGPU名(Intel HD Graphicsなど)が表示されるようになった。また、GPU使用率を示すパフォーマンスチャートに関して、マルチエンジンビューが標準となり、「3D」、「Copy」「Video Encode/Decode」、「Video Processing」の4つが表示されるようになっている。マルチエンジンビューはチャートを右クリックして、シングルエンジンビューに切り替えることも可能。

GPUのメモリ使用量の表示(GPU Memory)に関しては、上の画像にあるように専用メモリと共有メモリが「0.4/2.0GB」といったふうに隣り合わせでウィンドウの下部に配置されるようになった。

このほか、DirectXのバージョンにフィーチャーレベルも含めて表示するように変更されている。

Build 16241におけるタスクマネージャーの更新には、GPU以外にも標準ブラウザEdgeのプロセス表示に関する修正もあり、「Chakra JIT Compiler」、「UI Service」、「Manager process」といったEdgeの内部プロセスが表示されるようになっている。

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

「Windows 10」の「Timeline」は今秋アップデートに間に合わず

複数のWindows 10でアップデート設定を変更するのが面倒! ~“更新プログラムの提供方法”を効率よく設定するワザ