Timelineは、ベルフィオーレ氏が5月の「Build 2017」で発表した、Microsoftのクラウドを介してWindows、iOS、Androidを横断したアクティビティ履歴をさかのぼれる機能。「Microsoft Graph」の一部だ。

「遅れについて何かコメントは?」というウォーレン氏の質問にベルフィオーレ氏は「これは遅れではない」と答え、別の返信で「私の見解では、一連の機能はFCUから提供を開始すると説明したつもりだ。そのときまだ(時期は)確実ではないとも言ったと思う」とツイートした。

確かにMicrosoftの「Windows 10 に間もなく追加される機能」ページでTimelineは「Windows 10 Fall Creators Updateで導入されるこれらの革新的な機能」の1つとして紹介されてはいるが、注意書きとして「製品は開発中です。機能、スケジュール、デバイスは変更になる可能性があります」とも明示されている。

Microsoftは4月、今後の大規模アップデートは3月と9月の年2回行うと発表した。ビルドに入った機能がすべて次のアップデートで正式版になるとは限らないが、早ければ来年3月にTimelineを使えるようになるかもしれない。

【関連記事】

複数のWindows 10でアップデート設定を変更するのが面倒! ~“更新プログラムの提供方法”を効率よく設定するワザ

「Windows 10 Insider Preview」Build 16215が公開 ~3週間ぶりのリリースで内容盛りだくさん