Windows 10で「スタートアップ」にプログラムを登録する方法

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup が「スタートアップ」フォルダとなる

Windows 10で、起動時にプログラムが自動実行されるように、[スタート]メニューの[スタートアップ]フォルダにプログラムのショートカットを登録する方法を紹介する。


Windowsの起動と一緒に、特定のアプリケーションを実行させるようにするには、[スタートアップ]フォルダにアプリケーションのショートカットを登録すればよい。

Windows 7までは、[スタート]メニューに[すべてのプログラム]-[スタートアップ]フォルダがあったため、比較的簡単に登録ができた。しかしWindows 8以降、[スタートアップ]フォルダが表示されなくなったため少々登録方法が分かりにくくなっている。

Windows 10の場合、デフォルトでは以下の場所が[スタートアップ]フォルダとなる。エクスプローラでこのフォルダを開き、起動時に実行させたいプログラムのショートカットをコピーしておけばよい。

○ユーザーごとの[スタートアップ]フォルダのパス

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

○全ユーザー共通の[スタートアップ]フォルダのパス

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

なお、デフォルトではAppDataフォルダ以下が隠しフォルダになっている。エクスプローラでたどるには、エクスプローラの[表示]メニューを開いて、「隠しファイル」にチェックを入れると表示される。