米Microsoftは、タスク管理アプリ「Microsoft To-Do」の最新版v1.32を公開しました。Windows 10、iOS、Androidに対応しており、現在それぞれのアプリストアから無償でダウンロード可能。アプリが提供されていない環境でも、Webブラウザーからサービスを利用することができます。

「Microsoft To-Do」は、同社が買収した「Wunderlist」がベースとなっているシンプルなタスク管理アプリ。今日取り組むべきタスクをリストアップする“今日の予定”機能を備えるのが特徴。「Office 365」上で構築構築されており、「Outlook」との連携や「Office 365」のセキュリティインフラが利用できるのも利点といえます。

今回のアップデートでは、タスクリストの共有を新たにサポート。サイドバーにあるリストを右クリックメニューから他のユーザー(Microsoft アカウント)と共有し、家族や友達、仲間と共同でタスクを管理できるようになりました。

また、設定画面にアカウント詳細画面を追加。どのアカウントでログインしているかがわかりやすくなりました。

ソフトウェア情報「Microsoft To-Do」Windows 10版【著作権者】Microsoft Corporation【対応OS】Windows 10【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】1.32.11502.0