東芝デジタルソリューションズは2018年5月17日、現場の業務効率化や熟練作業者の技術継承などをAR(拡張現実)で支援するソリューション「Meister AR Suite」の提供を開始しました。

同ソリューションは、タブレット端末で利用できる「ARマニュアル」「ARナビゲーション」と、プログラミングなしでマニュアルなどを作成・編集できる「ARコンテンツジェネレータ」をパッケージ化した。同社のものづくりIoT(モノのインターネット)ソリューション「Meister」シリーズの新製品となります。

ARマニュアルは、作業用タブレットで対象設備を認識すると、作業箇所や手順をARで表示し、音声や動画でガイドします。これにより、経験の少ない作業者が紙のマニュアルを持ち歩かなくても、現場で正しく円滑に作業できる。また、ARナビゲーションは、作業者を安全・確実に施設内の対象設備まで誘導します。

これらのARコンテンツは、プログラミングが不要で直感的なGUI(Graphical User Interface)であるARコンテンツジェネレータにより、ARの専門知識がなくてもPCで簡単に作成・編集できます。テキストや画像、動画などを自由に画面に配置し、画像マーカーで任意の場所にAR表示が可能です。

ARマニュアル、ARナビゲーションの対応OSはiOS 10以降、対応機種は9.7インチiPad。Android、Windowsは2018年度中に対応予定だ。ARコンテンツジェネレータの対応OSはWindows7およびWindows10となっています。