Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間6月4日、同社のコンバージドインフラ管理プラットフォーム「HPE OneView」の新たなファームウェアおよびドライバのアップデートとともに、同社のハイブリッドクラウド管理サービス「HPE OneSphere」のアップデートを発表しました。

6月末までに提供が開始される予定の「HPE OneView 4.1」には、仮想マシン(VM)クラスタのライフサイクル管理を自動化する新機能が搭載されます。またこの新バージョンは、「Microsoft Azure Log Analytics」および「VMware vRealize Orchestrator」との連携も実現されているため、ワークロードの迅速な配備に役立つはずです。さらに、「Chef」による自動化のための新たなリファレンス構成とともに、「HPE Synergy」上で「Red Hat OpenShift Container Platform」を稼働させるためのリファレンスアーキテクチャも提供されます。

HPEは、OneViewが現時点で100万ライセンスを達成しているとも発表しました。

OneSphereに関しては、「Microsoft Azure」と、OpenStackクラウドソフトウェアで採用される場合が多いハイパーバイザであるカーネル仮想化基盤「KVM」へのサポートが強化されている。その結果、こういったクラウド上でワークロードを実行する顧客はリソースのプロビジョニングや、利用量に基づいたコストの詳細な把握が容易になります。