富士通と日本出版販売(日販)は5月14日、人工知能(AI)を活用した選書サービス「SeleBoo」を共同開発したと発表した。2018年夏から日販が全国の取引書店向けにサービス提供を開始する。

同サービスは、書店売場のコンセプトや客層などの特徴に合わせてAIが自動で選書を行う業界初のサービス。国内で流通する約60万点の書籍から、売り場のテーマや書店の客層に合わせた書籍リストを、富士通のAI技術を活用したビッグデータ分析により導き出す。選書結果に対する評価を書店員がフィードバックすることで、AIが書店員の知識や感性を機械学習し、選書能力を高めていく。

日販が持つ約350万点の書誌情報や全国約3000書店の販売実績情報などに加え、「DBpedia」や「Lod4all」などのオープンデータを、富士通のAIを活用したビッグデータ分析サービスであるマーケティングAIコンテナで分析しリスト化する。

今後、テーマで選ぶ「キーワード選書」、指定した本と似た本を選ぶ「キーブック選書」、その地域に関する本を選ぶ「地名選書」の機能を提供する。その後、書店の特徴に合った本を選ぶ「書店カラー選書」、画像イメージから選ぶ「表紙選書」などを開発し、サービス強化を図っていく。