高度な設定

Microsoftの音声対応アシスタントと言えば、Windows 10に標準搭載されている「Cortana(コルタナ)」だ。同社はこのCortanaを強化し、Windows 10 MobileやWindows 10(for PC)以外にもカバー領域を拡大していく計画を持っている。


日本では未発売なのでピンと来ないかもしれないが、米国ではAmazon.comの「Alexa」やGoogleの「Google Assistant」といった音声対応アシスタント搭載のスマートホーム向けデバイスが注目されている。実際、Amazon.comは2016年の年末商戦(ホリデーシーズン商戦)で、Alexa搭載のスピーカー型デバイス「Amazon Echo」の販売が前年比で9倍に伸びたと発表している。Googleも同じようなGoogle Assistant搭載スピーカー型デバイス「Google Home」を販売中だ。

こうしたトレンドを受けて、Microsoftは組み込み向けOSの「Windows 10 IoT」でCortana搭載デバイス向けのハードウェア要件を公開し、サードパーティーを交えたデバイス開発を進めている。これにより、Amazon EchoやGoogle Homeに対応するWindowsベースのスマートホーム向けデバイスが遠からず出てくることが予想される。

このサードパーティーのうちの1社、Harman Kardonは2016年12月にMicrosoftと共同でCortana搭載スピーカーのティーザー動画を公開しており、その行方に注目が集まっていた(ちなみに、2016年末にSamsung ElectronicsがHarman Kardonの買収を発表しており、2017年3月11日に買収完了が報告されている)。

MSPoweruserによれば、このスピーカー型デバイスの名称は「Harman Kardon Invoke」と呼ばれ(「Invoke」とは「コンピュータなどを起動する」の意味)、Skype機能が統合されており、スピーカーを通じてSkype上のフレンズを呼び出して自由に会話ができる。また、Microsoftは米国内の一部ユーザーを対象に、このデバイスのテストを開始する計画だという。

現在MicrosoftがSkype上でチャットBot強化の取り組みを行っていることを鑑みれば、Alexaでいう「Skill」のような拡張機能の仕組みなしでも、対話UIのみでWeb上のさまざまなサービスを利用できるようになる可能性が高い。

またSkypeに関しては、日本語のリアルタイム翻訳機能が利用可能になったばかりで、こうした機能も組み込まれていくとなると、いろいろ夢が膨らむ。

前述のユーザーテストについては、ひとまずWindows Insider Programの一部ユーザーを対象にしたクローズドな検証と予想される。次のタイミングとしては、5月初旬に開催される開発者向けイベント「Build 2017」の前後に何らかの追加情報が発表され、もう少しだけ対象ユーザーを拡大した(主にアプリやサービス開発者を巻き込んだ)公開テストがスタートするものと考えられる。

2016年12月の開発者向けイベント「WinHEC Shenzhen」でWindows 10 IoT with Cortanaのハードウェア仕様が公開されたこともあり、サードパーティー製デバイスのうち早いものは5~6月ごろに登場し、特に5月末に台湾で開催される「COMPUTEX TAIPEI 2017」での実機の出展が期待できそうだ。

これに関連した情報としては、Windows CentralがWindows 10 Creators Updateにおける「Cortanaスピーカー」設定のスクリーンショットを掲載している。これには、手持ちのWindows 10デバイスから対応スピーカーの購入やセットアップを行うメニューがある。

この情報からも、今秋の配信とみられるWindows 10の次期大型アップデート「Redstone 3(RS3)」を待たずして、4月11日に一般向け配信が始まった現行大型アップデートのCreators Update世代で、Cortana搭載の新デバイスが登場する可能性があると言える。

 

 

【関連記事】

Windows 10、初の「Redstone 3」PC向けプレビュービルド公開

「アクションゲームツクール」のサポートが4月30日で終了

Windows 10 Redstone 3」の初となるテストビルドが、「Windows Insider」プログラムの「Fast Ring」ユーザーに公開された。

米国時間4月7日に公開された最新のビルド「16170 for PCs」は、「OneCore」(Windows 10の全エディションに共通の要素)の強化が中心となり、Microsoftの開発者がコードをチェックし始める前に必要となるコードのリファクタリングなどの作業に取り組んだものとなる。そのため、Microsoftの代表者が以前明らかにしていたように、新しいWindows 10機能リリースの初期のビルドには、大きな変更や新機能はないという。また、ビルドの安定性に影響を与える問題が含まれる可能性もあるとしている。

同日にMicrosoftが公開した新機能を紹介するブログ記事によると、今回のビルドでは、アプリやゲームがクラッシュしたり、アップデートがキャンセルされたといったエラーメッセージが出たり、「Narrator」が動かない可能性があるという。特に、「Surface」デバイスのユーザーはインストールする前に注意書きを読むようおすすめする。また、このビルドは「Creators Update」から継続して存在する問題も修正している。

Redstone 3は、「Redstone 2」(Windows 10 Creators Update)に続く機能アップグレードだ。正式リリースは2017年秋になると予想されている。一部のMicrosoftウォッチャーは、Redstone 3に、MicrosoftがCreators Updateで導入を見送った「My People」が登場すると期待している。このほか、「Continuum」の機能強化、OSのルック&フィールの改善なども予想されている。

MicrosoftはメインストリームのPCとタブレットへのCreators Updateのロールアウトを4月11日に開始する。「Windows 10 Mobile」のCreators Updateは、4月25日よりアップデートが開始される。

 

 

【関連記事】

「アクションゲームツクール」のサポートが4月30日で終了

Microsoft、Windows/Android/iOS向けリモートデスクトップアプリに新機能を追加

Microsoftは30日、Windows/Android/iOS向けのリモートデスクトップアプリをアップデートし、それぞれ新機能を追加したことを公式ブログで発表した。


Windows 10向けのUWPアプリでは、複数セッションの同時接続をサポート。「Connection Center」で一覧表示でき、アクティブな接続は紫色の枠で表示され、各セッションのグループ化も行える。また、新たに作成するセッションでは、解像度や倍率を設定可能になった。

Android版ではポートレートモードに対応。画面を自動回転した縦向きでの利用が可能になった。ポートレートモードでは、CtrlキーやAltキーが利用できる拡張キーボードが新たに搭載されている。

iOS版ではSpotlight検索に対応。検索結果からアプリを起動せずに直接セッションに接続できるようになった。MacOS版ではマルチモニター環境での使い勝手が改善されている。

なお、リモートデスクトップアプリを利用可能な接続先の対応OSはWindows 10/8.1/7の各Pro以上のエディションとなる。

 

【関連記事】

「アクションゲームツクール」のサポートが4月30日で終了

 

(株)KADOKAWAは23日、ゲーム制作ソフト「アクションゲームツクール」のサポートを4月30日で終了することを明らかにした。

「アクションゲームツクール」は、2009年に「RPGツクール」ファミリーの一員としてリリースされたアクションゲームの開発ツール。GUI操作のみで簡単にアクションゲームやアクションRPG、シューティングゲームなどを開発することが可能で、開発したゲームはWindows用の実行形式のほか、Webブラウザーで楽しめるFlash形式や、家庭用ゲーム機“Xbox 360”用にコンパイルできるソースファイルとして出力できた。

【重要なお知らせ】2009年リリース『アクションゲームツクール』のサポートにつきまして、誠に勝手ながら、2017年4月30日をもって終了させていただくこととなりました。ご利用のお客様には、ご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。 #ツクール

 

【関連記事】

エレコム、Windows Storage Server 2016搭載のNAS

   エレコム(葉田順治社長)は3月21日、OSにWindows Storage Server 2016を搭載したNASとして、4ベイの1Uラックマウントタイプとデスクトップタイプ、2ベイのデスクトップタイプの3モデルを4月中旬から順次発売すると発表した。

    新モデルは、前バージョンのWindows Storage Server 2012 R2に比べて、より機能が充実したほか、Windows 10との親和性も向上している。今回、この最新OSを搭載した4ベイ仕様の1Uラックマウントタイプとデスクトップタイプ、2ベイ仕様のデスクトップタイプをラインアップし、それぞれに「Standard Edition」搭載モデルと「Workgroup Edition」搭載モデルを用意した。

    いずれも自社グループ内工場(長野県伊那市)で組立・検査した国内モデル。搭載するHDDには、信頼性の高いWestern DigitalのNAS用「WD Red」を採用し、国内工場でスクリーニング試験を実施。ホットスワップに対応し、万一の障害発生時もシステムの運用を止めることなくドライブの交換が可能となっている。

    Windows Storage Serverの機能ではサポートしきれない管理機能については、独自の「NASツール」で対応している。管理はコンソール接続、リモートデスクトップに加え、ブラウザを利用したウェブUIにも対応。エレコムのオリジナル機能「システムのみのリカバリー」機能を搭載し、システムが不調になった場合でもデータ部分を消去せず、システムのみをリカバリーできるため、効率のよい保守が可能。また、UPS管理ソフトをインストールすることで、万一の停電時にNAS本体の「シャットダウン処理」を自動実行することができる。

    保証期間は「3年間」と、法人ニーズでの運用でも安心して利用できるほか、オプションで最大5年までのオンサイト保守またはデリバリー保守の契約が行える。

 

【関連記事】

前ビルド登場から2日でリリース。Windows 10プレビュー版「Build 15060」

 

 

米Microsoftは16日(現地時間)、PC向けにWindows 10 Insider Preview「Build 15060」をFast ringで公開した。

2日前の14日にBuild 15058がリリースされており、4日置いた前回よりもかなり早く最新ビルドが提供されている。今回も引き続き、以下のようにバグ修正を中心とした内容になっている。

「設定」アイコンがタスクバーに貼り付いてしまう問題を修正。また、「設定」をスタートにピン止めし、最初にクリックしたときに、タイルがグレーアウトしてしまう問題も修正された。
サードパーティ製のIMEをインストールしても、「設定」内に表示されなかった問題を修正。
Surface Pro 3とSurface 3でSDカードを挿していた際に、新しいビルドにアップデートできなかった問題を修正。
Tabキーを押しながらUWPアプリのサインインフィールドで素早く入力を行なった際に、taskhost.exeがクラッシュしてしまう恐れがあった問題を修正。
クラッシュ後、Edgeが数分間起動に失敗することがあった問題を修正。
EdgeでF12キーによる開発者ツールを使用した際に、DOM explorerがiframe DOMだけを表示し、コンソールフレームセレクターがiframeをリストアップしなかったといった問題を修正。

 

【関連記事】

3分で分かる Microsoft Office の新機能

このコーナーでは、Microsoft Office 2016 の各アプリケーションやサービスの新機能を紹介します。Office 2016 は、2015年9月に発売されましたが、以降、さまざまな機能追加や改善がなされています。Office Premium 搭載PCか Office 365 Solo を使っている人は、自動的にそれらが利用可能となります。

第5回目は、Wordの新機能をご紹介します。

※一部、Insider Preview利用者のみ先行利用可能なものも含まれます。また、Office 365 は常時アップデートされているため、対応アプリや、内容について、更新されている場合があります。

■1. 文書内から論文内容に関連する題材を探せるリサーチ ツール

Word リサーチ ツールを使うと、簡単な手順を実行するだけで、信頼できるソースやコンテンツを見つけて、論文に引用できます。Word 文書内から論文の内容に関連する題材を探して、文書の引用文献として追加できます。

リボンから[参考資料]→[リサーチ ツール]をクリックします。検索ボックスにキーワードを入力し、Enterキーを押します。結果ウィンドウに、使用できるソースの一覧が表示されます。結果ウィンドウでトピックを選んで、詳細を確認します。

ソースのテキストを選択し、[追加]を選ぶと、テキストのみが文書に追加されます。[追加と引用]を選ぶと、テキストに加え、ソースの引用文献も追加されます。右上の[+]を選ぶと、見出しが追加されます。

追加した後、リボンの[資料文献の管理]をクリックすると、参考文献の一覧を閲覧したり、編集したりできます。

■2. 語学学習やナレーション作成にも利用できる読み上げ

閲覧モードでは、文書を読み上げることができます。文字間隔の調整、音節間の区切りの表示、各単語の強調表示が行なわれるため、読み上げのスキルが大幅に向上しました。リボンの[表示]→[閲覧モード]を押して、閲覧モードにし、メニューの[表示]→[読み上げる]を押します。

デフォルトでは日本語と英語に対応しています。英語の文章を貼り付けて読み上げることで、単語の発音を学んだり、理解力を高められたりと、語学学習にも便利な機能です。作成した動画のちょっとしたナレーション用途にも使えます。

日本語と英語が混在した文章では、それぞれを切り分けて読み上げます。

【関連記事】

前ビルド登場から2日でリリース。Windows 10プレビュー版「Build 15060」

Creators Updateの次に来る「Windows 10 RS3」が本格始動

「Redstone 2(RS2)」こと、Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」は間もなく、2017年3月中にも一般向けに配信される見込みだ。少々気の早い話だが、Microsoft社内では、既にその次に来る大型アップデート「Redstone 3(RS3)」の開発が始まったとみられる。


なぜなら、開発中のWindows 10最新ビルド情報を更新し続けるBuildFeed.netという非公式サイトに、RS3の名称を冠した新ビルドが登場したからだ。現在も開発が続くRS2と分岐する形で、平行してRS3の開発が進められていると予想される。

●Windows 10開発中ビルドの番号が跳ね上がった理由

BuildFeed.netは最新情報が反映されるまでに少しラグがあるが、2月27日現在ではWindows 10のビルド一覧に、「10.0.15141.1000」という番号を確認できる。ビルドされた日付は2月19日で、最も注目すべきはバージョンが「Redstone 3」と記録されている点だ。これがRS3における最初のビルドとみられる。

この一覧をさらにチェックすると、直前のビルドは2月21日の「10.0.15043.0」、その一つ前は2月19日の「10.0.15042.0」となっており、いずれもバージョンは「Redstone 2」とある。ビルド番号で古いはずの「10.0.15043.0」の方が、RS3とされる「10.0.15141.1000」より日付が新しい。

つまり、このタイミングでRS2の完成度を高めるラインと、RS3の開発を進めるラインの2つに分岐したと考えられる。RS3の開発が既に始まっている一方で、「Feature Complete」したRS2の完成度を一般向け配信までに高めるべく作業が続いているのだろう。

Windows 10の開発がスタートして以降、このような形でビルド番号が2つに分岐したのは「Windows 10 Mobileとのビルド番号共通化」のために調整が入ったときのみで、基本的にはほぼ毎日1~2のペースでビルド番号が少しずつ上昇している。

また、(Windows 10以降はこの名称で呼ばなくなったものの)「RTM(Release To Manufacturing)」に該当する正式版相当のビルドをリリースしたタイミングでしばらくの間は番号の上昇がストップし、末尾4桁のリビジョン番号のみが上昇する状態となる。

これはビルドとして内容に大きな変化がない一方で、月例パッチに相当するアップデートが行われていることを意味する。そして小休止が続いた後に、再びビルド番号のカウントアップが始まるが、このときにRS2からRS3のような形でOSバージョンが移行する。

以上を踏まえると、本連載では「Creators Updateのビルド番号がBuild 15060前後になる」と予想していたが、そこから若干のズレが生じる可能性がある。一般向け配信である「Current Branch:CB」の開始までにはまだ時間があるが、もうしばらくこうしたブラッシュアップの日々が続くだろう。

●Fast Ring向けの最新ビルド「Build 15042」はここが変化した

このようにPC、モバイル、Xboxにそれぞれ新ビルドが配信されたわけだが、直前の最新版である「Build 15031」の配信が2月9日に開始されてから2週間以上アップデートがなく、Windows Insider Program参加者は幾つかの大きな不具合がなかなか修正されずに不満を覚えていたかもしれない。

特に同ビルドには「設定」アプリの「デバイス」画面が開けないといった致命的なバグが存在しており、Bluetoothデバイスがペアリングできずに困っているという声が非常に多かった。

2月24日(米国時間)、Windows Insider ProgramのFast Ringユーザー向けに公開された「Build 15042」では、これら既知の問題が多く修正され、ようやく不自由が解消されたとみられる。

Build 15042でのアップデートは、「初回セットアップ(Out Of Box Experience:OOBE)におけるCortanaのアニメーション追加」と、「Flashコンテンツの実行がEdgeブラウザにブロックされたことの明示とそれを解除するボタンの追加」の2つがある。ただ以前にも説明したように、RS2(Creators Update)は既にFeature Completeに達した状態であり、今後RS3の登場まで新機能の追加は基本的にない。

実際、Build 15042に達したタイミングでWindows 10の開発中ビルド(Insider Preview)であることを示すウオーターマーク(デスクトップ画面右下に表示されるビルド番号等の表記)が消滅しており、これは間もなく「最終版」がリリースされることを意味している。

問題はRTMに該当する正式版に到達するのがいつかという点だが、Insider Previewで今後2~3週間以内、一般向け配信(CB)でさらに1~2週間後とみている。恐らくCreators Updateの正式配信は3月後半程度が妥当だろう。

●Windows 10 RS3はどのようなOSになるのか

このような形で名前の挙がってきたWindows 10のRS3だが、どのような機能を持ったOSになるのだろうか。

詳細については5月に米ワシントン州シアトルで開催される開発者向けイベント「Build 2017」で明らかになると予想されるが、その一部は現時点でも予想できる。

一つは、2016年12月に中国の深センで開催された「WinHEC Shenzhen 2016」で発表された「(フル規格の)Windows 10がQualcommのSnapdragonプラットフォーム(ARM)にやってくる」ということだ。RS3がリリースされた後に、対応する製品が市場投入されるだろう。

2017年夏にSnapdragon搭載のWindows 10マシンを市場投入するメーカーが出てくると予想する報道もあるが、実際の製品リリースはRS3が登場する見込みの9~10月あたりで、製品自体も6月のCOMPUTEX TAIPEI 2017ではなく、9月のIFA 2017に合わせて発表されるのではないだろうか。

もう一つが新しいUIデザイン言語といわれる「Project NEON」だ。PCやモバイルだけでなく、HoloLensやそれ以外のデバイスについても適用を想定している新しいユーザーインタフェースとして期待されている。

これは、間もなく登場するRS2で一部の仕様が盛り込まれ、RS3でさらに搭載を進め、その次の大型アップデートでのブラッシュアップも視野に開発が進められているという。恐らくはRS3が当面のリリースターゲットとなっており、これを開発者に向けてBuild 2017でアピールするのがシナリオ的に妥当だ。

いずれにせよ、前世代のWindows 10バージョンである「Threshold(TH1~2)」と比較して、Redstone世代では比較的長いスパンでのブラッシュアップが計画されており、今後しばらくはその開発が続くはずだ。

 

【関連記事】

3分動画で分かる Microsoft Office の新機能

このコーナーでは、Microsoft Office 2016の各アプリケーションやサービスの、新機能を紹介します。Office 2016は、2015年9月に発売されましたが、以降、さまざまな機能追加や改善がなされています。Office Premium搭載PCかOffice 365 Soloを使っている人は、自動的にそれらが利用可能となります。

第2回目は、手書きを活用した新機能をご紹介します。

※一部、Insider Preview利用者のみ先行利用可能なものも含まれます。また、Office 365は常時アップデートされているため、対応アプリや、内容について、更新されている場合があります。

■1. 自然なジェスチャで編集する□対応アプリ: Word

リボンの[描画]タブで[インクエディター](デジタイザではなくタッチ操作の場合は[タッチして描画する]も)を選択します。この状態で、選択したいテキストを手書きの丸で囲むと、単語や文章、段落を選択できます。書式設定ツールバーが表示されるので、テキストのフォントやスタイルをすぐ変更できます。

テキストの一部や全体に対して、横線や斜め線を引くと、その箇所を削除できます。テキストを削除しない場合は、[元に戻す]を選択します。

[ペン]グループから蛍光ペンを選択し、テキストに蛍光ペンを引くと、そのテキストがマーカー色で強調表示されます。

■2. 図形認識□対応アプリ: PWord、Excel、PowerPoint

タッチやペンに対応したPCでは、描画を図形に自動的に変換できます。リボンの[描画]から[図形に変換](デジタイザではなくタッチ操作の場合は[タッチして描画する]も)を選択する状態で、フリーハンドで図形を描くと、きれいな円形、三角形、矩形などを描けます。

図形の形が思い通りでない場合は、(デジタイザではなくタッチ操作の場合は[タッチして描画する]の選択を解除し)図形をタッチすると、修正や、回転、拡大/縮小などができます。

■3. インクの再生□対応アプリ: Word、Excel、PowerPoint

リボンの[描画]から[インクの再生]を押すと、手書き入力を最初から最後まで再生できます。頭出しボタンを押し、前方や後方に再生して、一手ずつ再生したり、逆再生したりもできます。文章に手書きの注釈を入れた場合など、順を追って説明したり、流れを分かりやすく示したりできます。

■4 インクの再生□対応アプリ: Paving Block、Grass Block、U-Ditch

U-Ditch リボンの[描画]から[インクの再生]を押すと、手書き入力を最初から最後まで再生できます。頭出しボタンを押し、前方や後方に再生して、一手ずつ再生したり、逆再生したりもできます。文章に手書きの注釈を入れた場合など、順を追って説明したり、流れを分かりやすく示したりできます。
Jual U-Ditch

Pagar Panel

Beton Pagar Beton

Jual Pagar Panel Beton
Paving Block
Kanstin
Box Culvert
Buis Beton
Grass Block

2月1日にWindows 10 Insider Previewの最新ビルド15025がリリースされた。さらに2月12日まで、バグ潰し大会の「Bug Bash」が開催されている。

Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。
基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

YouTubeに投稿されたBug Bashの紹介動画

みんなでWindows 10のバグを潰そう
2月1日にWindows 10 Insider Previewの最新ビルド15025がリリースされた。さらに、2月3日からは、バグ潰し大会の「Bug Bash」が開催されている。「Bug Bash」はユーザーが参加して、指示に従った操作を行い、バグを探す検証イベントで、今までに何度も実施されている。

この機能は「フィードバックHub」からアクセスできる。「フィードバックHub」を起動したら、「クエスト」タブを開き、クエストの一覧からバグ探しを行おう。指示に従って操作し、問題がなければ「完了」をクリック。バグを見つけたら、報告すればいい。この積み重ねが、Windows 10のアップデートに反映されるので、興味があるならぜひ参加したい。

なお、Windows 10 Insider Previewのビルド15025は、64ビット版のみWindows Updateでアップデートできる。32ビット版はアップグレードに問題があるため、リリースされていないのだ。ビルド15025にアップデートできなかったり、32ビット版環境の場合は、マイクロソフトのサイトから、ISOファイルをダウンロードしてインストールする手もある。

これでズバッと解決!

2月3日から12日まで、「Creators Update」に向けたバグ潰し大会が実施されている。時間があるときに、チャレンジしてみよう。思わぬ使い方を発見するチャンスになることもある